« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月22日 (木)

個展「ガラスの森の住人達」

銀座松屋「ちいさな動物たち展」、無事終了しました。
ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。

さて、次回の展示はギャラリーcafe日向堂さんでの個展です。
日向堂さんは東急東横線の祐天寺駅からほどないところにある素敵なカフェ。
祐天寺のとーっても庶民的な商店街の中で、キラリといい雰囲気を醸し出しています。
飲み物もお食事もtとってもおいしい!
もちろん展示をご覧になるだけでもOKなんですよー。
どうぞ気楽に足を運んで下さいね。

今回「ガラスの森の住人達」というタイトルは、
日向堂オーナーの中村さんにつけていただきました。
素敵なニュアンスがありますよねー。
とても気に入ってます。
日向堂さんの中に現れたちいさなガラスの森の世界が
不思議心地よい空間になるといいな、と思いながら、
住人たちをひとつひとつ(一匹一匹?)制作しています。

今回チャレンジしたのは、いつも作っているのより一回りから二回り小さい中空動物。
実はガラスを吹いて中空の動物を作り始めた当初の私のイメージとしては、私は今通常作っているのよりもう少し小さいサイズの動物を作っているはずだったのです。
ではなぜ今のサイズになっているかというと、それが一番作りやすいサイズだったから。
というか、とにかくサイズのことなどあまり考えずとにかく作りたいものを必死で作ってみると、自然とどれも大体同じ今の大きさくらいにまとまる。
なのでたぶんそのサイズが自分にとって作りやすいサイズだったということなんだと思っています。
少し経験を重ねたことで、少しずつではありますが制作中にいろいろ考えたり試したりする余裕もできてきて、ちょっとサイズを変えてみることができるかもしれないと思いチャレンジしてみています。
思うように行くこともあれば、ちょっと気を抜くと、あれれー最初に思っていたのの2倍くらいと大きくなっちゃった、なんてこともあり…、となんだか統一感なくバラバラだったりしますが、出来た子たちはみんな連れて行きます!
野村の悪戦苦闘する姿を思いつつご覧いただければと思います。

もう一つのチャレンジは蓋物!
今回初めてあこがれの蓋モノ作りにチャレンジしています。
ちいさなちいさな小瓶に動物のついた蓋を合わせています。
いつかは作ってみたいと思っていた蓋物。
技術的にはまだまだで、これを蓋物と言っていいのかどうかもビミョー…、という感じですが、まずはかわいさ優先で作ってみました。
これから年月をかけてスキルアップできればと思っています。
今の私にできる精一杯の作品は、
すなわち今の私にしか作れないモノかもしれません。
おそばに置いて愛でていただければ幸いです。


野村在廊予定は
28(水)・29(木)いずれも16時頃までと、
31(土)、1(日)、3(火・祝)、14時くらいからです。
(もっと早く行けそうだったら早くから行っています~。)

日向堂さんの営業時間は以前より短くなりましたので、
お気をつけてお越し下さい。


「野村洋子個展・ガラスの森の住人達」(DM)

  10月28日(水)-11月3日(火/祝)
  12:00-18:00
  @ギャラリーcafe日向堂(HP)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ